忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2019/10/14

夏コミのお知らせ

こんばんは、広報担当の東雲れいめです!

連日猛暑が続いておりますね……熱中症には特に気を付けましょう。
そして気付けば夏コミまで1週間を切っておりました。毎度更新が直前になり申し訳ない限りです。

さてさて。
こちらでのご報告が遅れましたが、きっ(o゚ω゚o)ちんは今年の夏コミも当選致しました!

我々きっ(o゚ω゚o)ちんスペースは2日目東K-06bです。
そしてこちらが今回のお品書きとなります!(サイズが大きいため分割してあります、ご了承ください)



なんと今年も! 2冊刊行でございます!
“過去”“未来”をテーマに、10人の作者が筆を執る!
そしてセットで購入いただいた方に、幻想的な街並みとВерныйとPrinz Eugenが描かれた収納BOXを先着でお贈りします!


それでは、ここから掲載作品の簡単なご紹介を行っていきますヾ(o゚ω゚o)ノ゙


『貴女へ捧ぐ菖蒲の花束』

生きる全てのものに“過去”はある。
遠い日に聞いた父の言葉。
仲間と過ごした安穏たる日常。
人として生きようと努めた日々。
大切な者との死別に涙した夜。

現在を形作るのは、そうした過去の記憶たち。

過去の欠片の数々を、6名の作者が紡ぎ出す。
括目せよ。彼女達の歩んで来た道を……。

掲載作品紹介(敬称略)

・「周辺海域ニ敵影ナシ」
原作:秋山舞花 絵:綾箏

“皆よくしてくれて、とっても良い所でありますな!”

本日も周辺海域に敵影無し。
ほんわかテイストでお送りする、艦娘達のほのぼのとした日常をどうぞ!


・「時雨ちゃんと提督さん 出張編」
絵:渉

“ってなわけで、なんか楽しい事しようぜ!”

ちょっぴり変わった艦娘達と提督さんの、おもしろおかしいギャグ漫画!
今回も時雨ちゃんが様々な出来事に巻き込まれてしまいます。
時雨の明日はどっちだ!


・「Out of The Blue Gate」
作:薬都理調 絵:あるか

“善き人だから信頼が集まるのではなく、信頼を集められた人が善き人になる”

タウィタウィ島の日本艦隊に配属されることとなったソ連の艦娘『Верный』。
そこでの暮らしにも慣れてきたある日、彼女は青空に人類の最終兵器を見た。
「駆逐艦『Верный』。どうか、その名のごとくあれ」
父の言葉を追いかけて、少女の物語が今、始まる。


・「剥がれる 後編」
作・絵:雨恵花

“大淀さんの理想がこんな形で終わるなんて……わたし、みとめません”

艦娘は人間、それとも船?
艦娘たちのリーダー・大淀は、「ヒト」としての利権向上を目指していた。一方で、戦前の艦船としての記憶を持つ艦娘たちにとって、「モノ」として国家の支配をうけることは自然なことだった。
大淀のやり方に反発した長門は、阿武隈以下数隻を率いて東京湾内で抗議活動を起こす。動乱の中、長門は海上保安庁の巡視船と衝突し、巡視船は沈没。大淀と秘書・弥生が司令部室で対応に追われるさなか、船が沈んだ点から駆逐ハ級が姿を現す。
指揮系統は混乱し、戦闘許可が下りない。市民の保護か、命令順守か?
過去に別れを告げ、決断を下す時。艦娘制度抗争譚、終結編。


・「周辺海域ニ敵影ナシ 外伝」
作:秋山舞花 絵:綾箏

“飼うのはいいけど、勝手に飼っていいの?”

「周辺海域ニ敵影ナシ」原作者が書く平和な世界!
光提督と霞ちゃんののほほんとした1日をお楽しみください。


・表題作「貴女へ捧ぐ菖蒲の花束」

“今度こそは、私の力で鈴谷を絶対に護るんですのよ”

深海棲艦へと堕ちながらも、奇跡的に横須賀へ生還した艦娘、鈴谷。
しかし彼女を待ち受けていたのは、「鈴谷の拿捕、もしくは撃破」という現実であった。
追われる身となった鈴谷は熊野と共に、呉を舞台に逃避行を繰り広げる。果たして鈴谷の運命は……。
「向日葵の花を貴女に」、続編。


『平衡解のシャングリ・ラ』

あなたは“未来”に何を望む?
争いのない世界?
彼女との幸せな日々?

夜空を彩る星の数だけ、未来の形があるのだとしたら。

ここに4篇の詩を用意した。
さぁ飛び立とう。果てしない、未来に続く物語へ……。

掲載作品紹介(敬称略)

・「義妹は天津風」
作:八雲信宗

“に、義兄さんのバカー!”

冴えない青年の異世界転生in艦これwith天津風(義妹)!
チラリもあるよ!


・「ていとくのさとがえり -なかよし編-」
作:輳真舞斗 絵:落槻あれれ

“うふふ、今晩が楽しみです♡ なかよくしましょ♡”

ヘタレ提督の貞操の危機を、ヘタレな作者が全力で描いた限界ギリギリの一作。
ぜひお試しあれ!


・「波の狭間に疾風あり -the beginning of the intrigue-」
作:烏丸龍斗

“オレが正式な司令官ではないと、そう言いたいのかね?”

ある日突然の命令。
司令官は本部に異動となり、新たな司令官があてがわれる。
一抹の不安を覚える大淀。果たして彼の真意とは……。


・表題作「平衡解のシャングリ・ラ」
作:上崎秋成 絵:てすん

“私は今、とっても幸せなんですよ?”

「たぶん誰も悪くない。
誰も彼もが、明日に向って生き延びるのに必死だっただけだから」

平和を欲し、“かがやき”を求めることに、人と兵器の別はなく。
塀の中へと、『居留地』へと封じられた人々の夢は、遠く遠く、空の彼方へ墜ちていく。

一方で。『兵器』としての力を喪い、立ち往生する翔鶴は。

「『粗製』としての翔鶴は、もう、死んでいるも同然なんです」

ただ、消えていく存在意義へと、届かない手を伸ばそうとして。

人間が、艦娘たちが。
舞鶴の傷が癒えきらぬまま、それぞれの目的のために進み続ける。
使命と柵、そして過去とが引き合う先に――楽土が広がることを信じて。


以上が簡単な作品紹介となります。「本文サンプルを見たい!」という方は特設サイトをチェックしてくださいねヾ(o゚ω゚o)ノ゙

去年の夏コミに次ぐ大変ボリューミーなセットとなっておりますので、当日は是非手に取ってその重さに驚いてください!(
それでは弊サークル一同、二日目東K-06bにてお待ちしております!
(文責:フリーターに格下げの東雲れいめ)
PR

2016/08/08 コミケ Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

プロフィール
 
HN:
同人創作サークル『きっ(o゚ω゚o)ちん』
性別:
非公開
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(08/08)
(12/20)
(09/12)
(08/30)
(08/07)
 
 
RSS
 
 
 
リンク
 
 
 
P R