忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2019/10/14

夏コミのお知らせ

こんばんは、広報担当の東雲れいめです!

連日猛暑が続いておりますね……熱中症には特に気を付けましょう。
そして気付けば夏コミまで1週間を切っておりました。毎度更新が直前になり申し訳ない限りです。

さてさて。
こちらでのご報告が遅れましたが、きっ(o゚ω゚o)ちんは今年の夏コミも当選致しました!

我々きっ(o゚ω゚o)ちんスペースは2日目東K-06bです。
そしてこちらが今回のお品書きとなります!(サイズが大きいため分割してあります、ご了承ください)



なんと今年も! 2冊刊行でございます!
“過去”“未来”をテーマに、10人の作者が筆を執る!
そしてセットで購入いただいた方に、幻想的な街並みとВерныйとPrinz Eugenが描かれた収納BOXを先着でお贈りします!


それでは、ここから掲載作品の簡単なご紹介を行っていきますヾ(o゚ω゚o)ノ゙


『貴女へ捧ぐ菖蒲の花束』

生きる全てのものに“過去”はある。
遠い日に聞いた父の言葉。
仲間と過ごした安穏たる日常。
人として生きようと努めた日々。
大切な者との死別に涙した夜。

現在を形作るのは、そうした過去の記憶たち。

過去の欠片の数々を、6名の作者が紡ぎ出す。
括目せよ。彼女達の歩んで来た道を……。

掲載作品紹介(敬称略)

・「周辺海域ニ敵影ナシ」
原作:秋山舞花 絵:綾箏

“皆よくしてくれて、とっても良い所でありますな!”

本日も周辺海域に敵影無し。
ほんわかテイストでお送りする、艦娘達のほのぼのとした日常をどうぞ!


・「時雨ちゃんと提督さん 出張編」
絵:渉

“ってなわけで、なんか楽しい事しようぜ!”

ちょっぴり変わった艦娘達と提督さんの、おもしろおかしいギャグ漫画!
今回も時雨ちゃんが様々な出来事に巻き込まれてしまいます。
時雨の明日はどっちだ!


・「Out of The Blue Gate」
作:薬都理調 絵:あるか

“善き人だから信頼が集まるのではなく、信頼を集められた人が善き人になる”

タウィタウィ島の日本艦隊に配属されることとなったソ連の艦娘『Верный』。
そこでの暮らしにも慣れてきたある日、彼女は青空に人類の最終兵器を見た。
「駆逐艦『Верный』。どうか、その名のごとくあれ」
父の言葉を追いかけて、少女の物語が今、始まる。


・「剥がれる 後編」
作・絵:雨恵花

“大淀さんの理想がこんな形で終わるなんて……わたし、みとめません”

艦娘は人間、それとも船?
艦娘たちのリーダー・大淀は、「ヒト」としての利権向上を目指していた。一方で、戦前の艦船としての記憶を持つ艦娘たちにとって、「モノ」として国家の支配をうけることは自然なことだった。
大淀のやり方に反発した長門は、阿武隈以下数隻を率いて東京湾内で抗議活動を起こす。動乱の中、長門は海上保安庁の巡視船と衝突し、巡視船は沈没。大淀と秘書・弥生が司令部室で対応に追われるさなか、船が沈んだ点から駆逐ハ級が姿を現す。
指揮系統は混乱し、戦闘許可が下りない。市民の保護か、命令順守か?
過去に別れを告げ、決断を下す時。艦娘制度抗争譚、終結編。


・「周辺海域ニ敵影ナシ 外伝」
作:秋山舞花 絵:綾箏

“飼うのはいいけど、勝手に飼っていいの?”

「周辺海域ニ敵影ナシ」原作者が書く平和な世界!
光提督と霞ちゃんののほほんとした1日をお楽しみください。


・表題作「貴女へ捧ぐ菖蒲の花束」

“今度こそは、私の力で鈴谷を絶対に護るんですのよ”

深海棲艦へと堕ちながらも、奇跡的に横須賀へ生還した艦娘、鈴谷。
しかし彼女を待ち受けていたのは、「鈴谷の拿捕、もしくは撃破」という現実であった。
追われる身となった鈴谷は熊野と共に、呉を舞台に逃避行を繰り広げる。果たして鈴谷の運命は……。
「向日葵の花を貴女に」、続編。


『平衡解のシャングリ・ラ』

あなたは“未来”に何を望む?
争いのない世界?
彼女との幸せな日々?

夜空を彩る星の数だけ、未来の形があるのだとしたら。

ここに4篇の詩を用意した。
さぁ飛び立とう。果てしない、未来に続く物語へ……。

掲載作品紹介(敬称略)

・「義妹は天津風」
作:八雲信宗

“に、義兄さんのバカー!”

冴えない青年の異世界転生in艦これwith天津風(義妹)!
チラリもあるよ!


・「ていとくのさとがえり -なかよし編-」
作:輳真舞斗 絵:落槻あれれ

“うふふ、今晩が楽しみです♡ なかよくしましょ♡”

ヘタレ提督の貞操の危機を、ヘタレな作者が全力で描いた限界ギリギリの一作。
ぜひお試しあれ!


・「波の狭間に疾風あり -the beginning of the intrigue-」
作:烏丸龍斗

“オレが正式な司令官ではないと、そう言いたいのかね?”

ある日突然の命令。
司令官は本部に異動となり、新たな司令官があてがわれる。
一抹の不安を覚える大淀。果たして彼の真意とは……。


・表題作「平衡解のシャングリ・ラ」
作:上崎秋成 絵:てすん

“私は今、とっても幸せなんですよ?”

「たぶん誰も悪くない。
誰も彼もが、明日に向って生き延びるのに必死だっただけだから」

平和を欲し、“かがやき”を求めることに、人と兵器の別はなく。
塀の中へと、『居留地』へと封じられた人々の夢は、遠く遠く、空の彼方へ墜ちていく。

一方で。『兵器』としての力を喪い、立ち往生する翔鶴は。

「『粗製』としての翔鶴は、もう、死んでいるも同然なんです」

ただ、消えていく存在意義へと、届かない手を伸ばそうとして。

人間が、艦娘たちが。
舞鶴の傷が癒えきらぬまま、それぞれの目的のために進み続ける。
使命と柵、そして過去とが引き合う先に――楽土が広がることを信じて。


以上が簡単な作品紹介となります。「本文サンプルを見たい!」という方は特設サイトをチェックしてくださいねヾ(o゚ω゚o)ノ゙

去年の夏コミに次ぐ大変ボリューミーなセットとなっておりますので、当日は是非手に取ってその重さに驚いてください!(
それでは弊サークル一同、二日目東K-06bにてお待ちしております!
(文責:フリーターに格下げの東雲れいめ)
PR

2016/08/08 コミケ Comment(0)

冬コミのお知らせ

お久しぶりです、広報担当の東雲れいめです。
気付けばもう冬コミまで9日……冷え込みも厳しい今日、体調を崩されないようご注意くださいませ。


さてさて、こちらでのお知らせがすっかり遅くなってしまいましたが、ご報告を。

我々、きっ(o゚ω゚o)ちんは冬コミに参加致します!(こちらで発表するのを忘れていました……)
そして、なんと! 頒布物は過去最高のボリュームです!
こちらが今回のお品書きになりますヾ(o゚ω゚o)ノ゙



充実したラインナップとなっております! タペストリーはセットのみの頒布となりますので、ご了承ください。
スペースは2日目東L-41aです大淀と陽炎のポスターを目印にぜひお越しください!

そして今回も前回の夏コミ同様、特設サイトを用意しておりますこちらからご覧ください。


えー、いちいち飛んで確認するのめんどくさーい、という方。
安心してください、こちらにも簡単に書いてますよ!(



『艦堕つ霊峰に、』

荒れ狂う海で、時には穏やかな町で、艦娘たちは己に素直に、力強く生きる。『カラダ』をテーマに、あるがままの彼女たちを描く作品集。小説4編に加え、漫画作品を2編収録。

~掲載作品紹介~

『灰色のうみの夕暮れ』
著:烏丸龍斗 絵:19

“海の娘として生まれ、この世に命を与えられ、艦としてその命を燃やす。艦娘と呼ばれし存在は今日もまたその命を燃やす”

『分かってるんだ。思い通りにいかなくて絶望するのも。それでも諦められないことも』
彼女達は、光を求めてもがき続ける。
――でも、それが私の生きる意味だから。


『時雨ちゃんと提督さん 出張編』
作:渉

“時雨の姉貴ぃ! これ、プレゼントだ!”

ほんわかテイストの漫画作品です!
時雨ちゃんや大鳳ちゃん、天龍ちゃん等賑やかなメンツの、ちょっとだけ不憫テイスト(?
)な楽しいひと時をお楽しみください!


・『出撃! 白露型駆逐隊 弐』
著・絵:ほとの。

“彼女たちは決して、軍の規律に従って行動するのではない。ただ仲間の為に、戦ってきたのだ”

月夜の海で突如竜巻に襲われた白露たち。撤退戦の末に那珂の閃いた作戦とは……?
そして艦隊に加わる新たな仲間は予想外の――。
笑いとバトルと五月雨可愛いの物語、第二弾!


・『周辺海域ニ敵影ナシ』
原作:秋山舞花 絵:綾箏

“ねぇっ、提督っ! あたしにも通り名つけてよ!”

毎度おなじみ連載よんこま!
今回も艦娘たちが、提督を巻き込んだドタバタ活劇を繰り広げます!


・『ていとくのさとがえり‐なかなおり編‐』
著:輳真舞斗、絵:落槻あれれ

“ねぇ司令官、の・ん・で♡”

「提督、新刊の魅力を一言」
「加賀さん、急に何」
「早く」
「……『全年齢向けの限界』?」
「もういいです」


・表題作『艦堕つ霊峰に、』
著:上崎秋成 絵:NOTCHI

“私達は艦の名前を手に入れて――海を永遠に喪ったんです”

華々しい戦場の裏に、厭われ、壊れ、捨てられてゆく者たちがいる。
これはそんな彼らが生きる、腥いおとぎ話の一欠片。



○『剥がれる』

テーマは『ココロ』。自分たちが何者で、どう生きるべきなのか。そもそも自分って何なんだ? 艦娘だって、悩むのだ。重厚な読み応え、小説3編を収録。

~掲載作品紹介~

・表題作『剥がれる』
著・絵:雨恵花

“本当はきっと、人でも船でもないんです。でもこの社会には、人とモノ、どっちかのあり方しかないんです”

艦娘は人間、それとも船? どう生きるのが、一番幸せ? 対立する意見の間で、艦娘たちのリーダー、大淀は悩む。
「……誰かの所有物になったら、不幸でしょうか」


『やま⇔しぐえくすちぇんじ』
著:東雲れいめ 絵:渉

“それでも、自分を不幸なんて言うのかい?”

思わぬ衝突で、中身が入れ替わってしまった時雨と山城。さらに、互いの運まで入れ替わっていた!?
時雨は自分の身体を取り戻せるのか!


・『子供の少佐とレディーな暁Ⅱ』
著:薬都理調 絵:あるか

“必ずみんなで、戻ってくるから”

親を喪い、司令官を喪い、友を喪い。
大切な人が消えていく中で、青年と少女達はそれ故に互いを強く結びつけていく。
さぁ、今こそ絶望を希望へと塗り替えよう。
暁の水平線に、勝利を――。



以上が簡単な作品紹介となります!
また、今回はゲスト様も超豪華となっております。そちらも是非、お楽しみに。

それでは12月30日、2日目東L-41aにてお待ちしております!

(文責:とにかく明るい東雲れいめ)

2015/12/20 コミケ Comment(0)

9月砲雷撃戦参加致します!&委託のお知らせ

こんばんは、広報担当の東雲れいめです(`・ω・´)
雨も降り、少し涼しくなってきましたね。
季節の変わり目ですので、皆さまお身体御自愛くださいませ。
 
さてさて、本題へ移りましょう。
来週、9月20日に東京ビッグサイトで開催されます、『砲雷撃戦! よーい! ×軍令部酒保特別合同演習参戦目』のお知らせです!

私達きっ(o゚ω゚o)ちんのサークルスペースはG-048になります。

こちらがおしながきです
 
 
新刊「宵待の鶴と秋萩の月」のサンプルは出来上がっておりますので、こちらからご覧ください!



ここでもう一つお知らせです。
前回の記事でお知らせしておりました、既刊「子供の少佐とレディーな暁」、「めぐりなせ、雲の浮き波」の書籍版が、BOOTHにて委託販売開始しました。
こちらよりご覧になれます。


さらに! 上記のセットがなんと、とらのあな様にて委託販売されております!
秋葉原A店にて取り扱ってます!
ネットでも注文ができます。リンクはこちらから


それでは、来週の砲雷撃戦にてお会いしましょう!(私はいませんが)

2015/09/12 お知らせ Comment(0)

夏コミお疲れ様でした&今後のお知らせ

皆さまこんばんは、きっ(o゚ω゚o)ちん広報担当の東雲れいめです。


約2週間が経ってしまいましたが、夏コミお疲れ様でした!
本を手に取っていただいた皆さま。
サークルスペースにお越しくださった皆さま、本当にありがとうございました。


そして本を手に取って頂いた皆さまへ、1つお知らせがございます。
弊サークルが発行する冊子の感想を、より正確に把握して次回以降に反映させていただくことを目的に、Twitterでの感想タグを用意しております。
ご意見、ご感想等ございましたら、#きっちん感想 もしくは #きっかん のタグを付けて、どしどしツイートしてくださいませ。メンバーの励みになります。
Twitter以外にも、きっ(o゚ω゚o)ちん公式メール kichi.chin☆gmail.com へ直接送って頂いても結構です。(☆を@に変えてください)




そして、ここからは今後のお知らせです。
3つございます!

まずは1つ目。
夏コミにて頒布しました「子供の少佐とレディーな暁」、「めぐりなせ、雲の浮き波」書籍版ですが……委託販売を予定しています!
こちらは委託先が決まり次第追って説明致します。
尚DL版ですが、こちらは既にBOOTHにて取り扱っております。お求めはこちらから。


2つ目です。
前回のブログにもこっそりお知らせしましたが、9/20(日)に東京ビッグサイトで行われます、『砲雷撃戦!よーい!×軍令部酒保合同演習』に参戦致します。
新刊タイトルは「宵待の鶴と秋萩の月」です!
僭越ながら、私東雲れいめが今回主筆を務めさせていただきました。どうぞよしなにお願いします(こっそり宣伝

スペースはG-048です。
開催時期が近付きましたらこちらもお知らせしますので、続報をお待ちください。


そして3つ目。
我々きっ(o゚ω゚o)ちんは来たる冬コミに向け、各々原稿作業に取り掛かっております。
申し込みも完了しましたので、あとは当選を祈るだけの状態です。
どうか当選するように祈ってくださると幸いです。私は発表前に神社へ手を合わせに行こうと思ってます。


それでは、今回はここまで。
最後にもう一度。 

夏コミお疲れ様でございました!

(東雲れいめ)

2015/08/30 お知らせ Comment(0)

夏コミ告知&新刊紹介

お久しぶりの更新です。きっ(o゚ω゚o)ちん広報担当の東雲れいめです。

暑い日が続いていますね……皆さま、熱中症にならないよう、水分、塩分補給はしっかりと行いましょう!


さてさて、夏コミ開催までついに1週間を切りました。
私達きっ(o゚ω゚o)ちんも、夏コミに参戦致します!

スペースは1日目、東F-01bになります。

こちらがおしながきです!


夏コミ新刊のテーマは“銃火”“蒼穹”
総勢9名の作者が各々の世界をシリアス成分多めで展開します。
二冊合わせ約500ページときっ(o゚ω゚o)ちん史上最厚の大ボリュームでお送りします!
それでは、ここからは詳細を一冊ずつ紹介していきます!


「子供の少佐とレディーな暁」

5名の作者が、“銃火”をテーマに筆を執っております。
短編5本収録。
以下、作品紹介です。(敬称略)

・表題作「子供の少佐とレディーな暁」
作:薬都理調
絵:あるか

“『兵器』が、人の死に涙するだろうか?”

第二次世界大戦――その最中に現れた深海棲艦は人類から蒼き海と空を奪い、大地をも踏み荒らそうとしていた。
彼らへの対抗策として考案されたのは、人間に深海棲艦の武装を施すという従来の倫理から外れた方法。
追いつめられた人間は、そんな手段に縋るしかなかった。
それから数十年後。今日も一人の少女が死に、兵器としての道を歩み始めた。
とある提督の卵とその秘書艦が織り成す、成長の物語。
果たして二人の見る先に、希望はあるのか。


・「エンジンの火」
作、絵:雨恵花

“大発、エンジンに火は入っているな……?”

自分にしかできないことって、何なのでありますか。
火力も速力もないし、燃費も悪い。おまけに見た目もぱっとしない。
他の艦娘たちに劣等感を持っている揚陸艦・あきつ丸。
大好きだった元秘書艦・明石は配属変えになってしまい、演習でも失敗続き。
そんなある日、あきつ丸は進攻作戦の旗艦に任命された。
僚艦の皐月、三日月、阿武隈、飛鷹、隼鷹と共に、彼女は大発動艇を積んで海を駆ける。

彼女に託された最重要任務とはいったい……?


・「向日葵の花を貴女に」
作:東雲れいめ
絵:渉

“ねぇ熊野。やっぱり向日葵が鈴谷達を繋いでくれてたのかな”

轟沈した鈴谷は沈む最中、戦艦棲姫と出会い重巡ネ級として生まれ変わる。
新たな深海棲艦の仲間と共に前衛で戦う彼女の前に立ちはだかったのは、自らが身を挺して庇った妹、熊野だった。
一方は海域解放のため。一方は護るべきもののため。
元姉妹艦同士の戦いの火蓋が、切って落とされる―――。


・「噂話」
作、絵:綾箏

“この話は、二人だけの秘密ね”

「あんたも残念そうだねえ」
とある噂により鍵をかけられた倉庫を目の前にして聞いた望月の皮肉。
噂の正体を、存在の有無を暴きたがる羽黒を、島風は心配してやまなかった。
しかし、島風が遠征中に開かれた怪談の集まりに参加した羽黒は、鎮守府一の語りやである望月から話を聞いてしまう。
その怪談は悲劇を、羽黒の中の呼び覚ましてはいけない記憶を思い出させる、あの噂だった。
その悲劇とはなんなのか。そして結末とは―――。


・「呉鎮守府隷下 八雲艦隊 雑報③ 抄報」
作:八雲信宗
絵:綾箏

“ずっと横にいますから大丈夫ですって”

梅雨も近づく六月。――八雲提督、病に倒れる!? (※ただの風邪)
秘書艦吹雪の仕事が風邪引き提督の看病になっても八雲艦隊はいつも通り。
ところが吹雪にまで伝染ってしまったからさあ大変! こじれる風邪の行方は如何に?
そして、忍び寄る【銃火】の気配……。
今回は提督(リアルでも)多忙につき抄報版となった分、シリアス分と飯テロ分を増量してお送りします。


「めぐりなせ、雲の浮き波」

4名の作者が“蒼穹”の下に色とりどりの物語を織り成す。
長編1本、短編2本、漫画1編収録。
以下、作品紹介

・「出撃! 白露型駆逐隊」
作、絵:ほとの。

“白露型、人呼んで舞鶴最強の駆逐艦隊”

舞鶴鎮守府の提督「雫葉(しずは)」と白露型駆逐艦に、ある日突然辞令が下った。
「行き先は、大湊」
「ってどこっぽい?」
青森の雄大な自然に囲まれたのどかな港町、大湊。白露達は大湊警備府で新たな生活をスタートさせる。
しかしそこには一風変わった艦娘祥鳳、那珂、そして波乱の日々が彼女達を待ち構えていた――。
白露、時雨、村雨、夕立、五月雨、涼風、そして雫葉。七人の笑いとバトルとちょっぴり感動の物語が、いま幕を開ける。
「白露型駆逐隊、出撃します!」

・「ていとくのさとがえり -おでむかえ編-」
作:輳真舞斗
絵:あれれ

“だから私は、アトミラールさんが喜んでくれるならなんでもしようって決めたんです”

――至急舞鶴鎮守府まで来られたし。
――なお、二隻の艦娘を随伴させること。
きっかけは、提督のもとに届いた僅か二行の通達。
通達の真意がわからないまま、半信半疑の中で舞鶴に向かった提督、愛宕、雷。
三人を待っていたのは、新たに着任した謎の艦娘、プリンツ・オイゲンだった。
新たなヒロインの登場で揺れる恋模様に、提督は、そして艦娘たちはどうなるのか?
急転直下の第三話!
(※なおこのあらすじには多大なる脚色が加えられています)

・「周辺海域ニ敵影ナシ」
作:秋山舞花
絵:綾箏

“イキシアというんですよ。この間買い物の際に買ってきたんです”

そこは戦いのない、平和な鎮守府。
提督と艦娘とののんびりした日常に、しばし癒されては如何?

・表題作「めぐりなせ、雲の浮き波」
作:上崎秋成
絵:平坂アヤト

“死者はただ、野辺の隘路に惑い続けていればいい”

「私は――『深海棲艦』と、貴方達が呼ぶイキモノです」
 自らを深海棲艦であると名乗った少女、なずな。
 想像を絶する告白に翔鶴が言葉を失う一方で、舞鶴には反艦娘派の
魔の手が忍び寄っていた。
 華やかな祭のなかで、記憶と思惑、逃れ得ない柵たちが絡みあい――いつしかそれは、業火となって降り注ぐ。
 

舞鶴陥落、深海棲艦たちの暗躍。幾つもにも分かたれた途は、白砂の浜、終わりを告げる炎のもとに輻輳する。
 

役者を代えて、舞台を換えて。

『自己犠牲』のための悲劇が、再び廻りだそうとしていた。


それぞれのサンプルはこちら特設サイトからご覧くださいませ!


そして約1ヶ月後の話ではありますが、9/20に東京ビッグサイトにて行われます、『砲雷撃戦!よーい!&軍令部酒保合同演習』にも参戦します!
既刊のほか、短編集の新刊も頒布予定です。
こちらの情報はまた夏コミ終了後にお知らせいたします!


それでは、コミケでお会いしましょう!

2015/08/07 コミケ Comment(0)

プロフィール
 
HN:
同人創作サークル『きっ(o゚ω゚o)ちん』
性別:
非公開
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(08/08)
(12/20)
(09/12)
(08/30)
(08/07)
 
 
RSS
 
 
 
リンク
 
 
 
P R